副作用と消退出血

多くの女性がアフターピルの副作用について気になっていると思いますが、アフターピルの副作用は吐き気や嘔吐・頭痛・腹痛・めまい等があげられます。
しかし、大概のアフターピルの副作用は市販の鎮痛剤を一緒に併用することができます。

アフターピルの副作用は妊娠初期の症状と似ていることもあり、妊娠してしまったのではないかと不安に思ってしまう方もいます。

しかしアフターピルの副作用の可能性もあるので。まずは3週間以内に消退出血が出ているかを確認しましょう。

消退出血とはアフターピルを服用した時に起きる出血のことです。

アフターピルを服用することでアフターピルの成分であるプロゲステロンという女性ホルモンが受精卵の着床を防ぐために生理をおこさせるのです。そして、消退出血は生理の一種です。
アフターピルで不正出血
ただし普通の生理が大量に出血するのに対して、アフターピルを服用した際にでる消退出血は出血の量が少ないのです。おりものシートに収まるくらいの黒っぽい色をしています。

しかし、消退出血が生理と一緒に来ることもあります。

例えば生理出血周期と重なっていれば一緒にくることもあるのです。

消退出血はアフターピルを服用した日からだいたい3日後~3週間以内におこりますが、それ以降も消退出血が見られない場合は妊娠をしている可能性があります。産婦人科を受診することをおススメします。
また、生理が予定日を遅れてもこない場合も妊娠している可能性があるということです。この時も産婦人科を受診してください。

下アフターピルを服用したからと言っても服用した時間も大きく関係してきます。

服用時間が早ければほぼ100%に近い確率で避妊に成功しますが時間が経てばたつほど避妊率が下がることを覚えておきましょう。

妊娠をしないためにも早めに備えておくことが大切なのです。