目の病気!白内障手術と術後の注意点について解説します!

目の病気!白内障手術と術後の注意点について解説します!




白内障の予防のための対処方法と治療用の目薬の実情と市販目薬の実情


白内障の多数を占める加齢性白内障の予防は
老化を防ぐ生活習慣に変える事が大事になってきます。

具体的には、白内障の主な原因となる紫外線を避ける、
眼精疲労を蓄積しない事です。

次に生活習慣を変えるために、脂っこい食事・糖分を控えめにし、
緑黄色野菜を多めにとったり、水分を多めにとります。

更に、喫煙は、
水晶体に多く含まているビタミンCを消耗するので禁煙する事です。

上記のような対応をとってもとらなくても、
白内障にかかった場合の治療方法として目薬があります。

目薬は白内障の進行を遅らせることとして期待されていますが、
現段階では水晶体の濁りを取り除き元の透明の状態に戻すことはできません。

また、一般的に使われてる目薬の投与が、
白内障に効果の科学的根拠がないと厚生労働省指針が出されていたり、
欧米では、白内障の薬物療法はないと言われているなど、
目薬の効果については、様々な意見があるようです。

白内障の点眼薬としてよく使われる点眼薬としてカタリン点眼薬は、
水晶体の主成分であるたん白質代謝の異常を改善する作用があり、
白内障の初期症状に有効と言われています。

最近では、白内障の対策に有効的とされている点眼薬として、
Nアセチルカルノシン点眼薬があります。

Nアセチルカルノシン点眼薬は、
それまで進行を遅らせる効果しか期待できなかった白内障の点眼薬とは異なり
白内障の原因を根本から改善させることに期待が持てる可能性を
秘めているようです。

このNアセチルカルノシン点眼薬は、
ロシアの科学者マーク・バビザエフ博士とその研究チームにより発明され、
2010年9月は米国で特許を取得している白内障の点眼薬です。

この種の点眼薬としては、クララスティルとキャンCがあります。

日本では、厚生労働省の認可が取れていません。

一般の市販の点眼薬としては、
新黄珠目薬(タキザワ漢方)生薬が主成分の目薬があります。

効果の程度はハッキリしていません。





 



TOP

白内障の主な症状と充血

白内障の予防のための対処方法と治療用の目薬の実情と市販目薬の実情

白内障手術の失敗の可能性と訴訟に持ち込めるか

白内障の手術の失敗した場合に再手術は可能か

白内障の片目だけの手術費用はどれぐらい必要か

白内障手術費用の目安と福岡県における医療機関

白内障の手術方法と両目とも日帰り手術を行う場合の費用

白内障の日帰り手術の場合に付き添いは必要か

白内障手術の後遺症としてまぶしいと感じる症状と対応方法

白内障手術におきる後遺症とめまい

白内障手術の後遺症斜視と改善の方法

白内障の手術で入院が必要な場合と付き添いについて

白内障の術後の目薬の重要性と順番

白内障術後の目薬と市販目薬の影響

白内障術後の点眼方法と点眼の順番

白内障術後の点眼はいつまで必要か

白内障術後の視力が安定するまでの期間と留意すべき事項

白内障の手術後に発症する眼内炎の症状とは


 

©2014 目の病気!白内障手術と術後の注意点について解説します! All rights reserved.