目の病気!白内障手術と術後の注意点について解説します!

目の病気!白内障手術と術後の注意点について解説します!




白内障の片目だけの手術費用はどれぐらい必要か


最新の白内障手術の大半は、
水晶体を超音波で吸引する超音波水晶体乳化吸引方式が採用されています。

医療技術や医療器械も日進月歩で進化しており、
先進医療となっている分野ももあります。

また、水晶体嚢に挿入される眼内レンズは半永久的に使えるので
交換やメンテナンスが不要となっています。

このため、眼内レンズの選択の重要性が増してきています。

従来は、健康保険が適用される単焦点レンズだけでしたが、
近年は、先進医療分野となる遠近両用の多焦点レンズや非球面レンズ、
乱視矯正用レンズなど対応範囲が広がってきています。

費用面と自身の特性に合わせて選択することが重要になってきます。

白内障手術にかかる費用は、保険適用の場合の自己負担は、
片目の場合、水晶体に挿入される眼内レンズが単焦点の場合は
約5万円ぐらいになります。

それ以外の先進医療分野の遠近遠近両用の多焦点レンズや非球面レンズ、
眼の筋肉の動きによってレンズの形状が変化する多焦点調節可能レンズ、
毛様体筋肉に連動してレンズの位置が前後する単焦点の調節可能レンズ、
乱視矯正用レンズを使用した場合は、
自費になり片目の手術費用は高額で50万円~70万円前後になります。

先進医療を受ける場合には、
生命保険などの任意保険で先進医療特約の適用になっている場合もあるので
確認することも大事です。

適用される場合は、保険の給付が受けられるので、
手術費用の大幅な削減に加え、眼内レンズの選択肢が広げられます。





 



TOP

白内障の主な症状と充血

白内障の予防のための対処方法と治療用の目薬の実情と市販目薬の実情

白内障手術の失敗の可能性と訴訟に持ち込めるか

白内障の手術の失敗した場合に再手術は可能か

白内障の片目だけの手術費用はどれぐらい必要か

白内障手術費用の目安と福岡県における医療機関

白内障の手術方法と両目とも日帰り手術を行う場合の費用

白内障の日帰り手術の場合に付き添いは必要か

白内障手術の後遺症としてまぶしいと感じる症状と対応方法

白内障手術におきる後遺症とめまい

白内障手術の後遺症斜視と改善の方法

白内障の手術で入院が必要な場合と付き添いについて

白内障の術後の目薬の重要性と順番

白内障術後の目薬と市販目薬の影響

白内障術後の点眼方法と点眼の順番

白内障術後の点眼はいつまで必要か

白内障術後の視力が安定するまでの期間と留意すべき事項

白内障の手術後に発症する眼内炎の症状とは


 

©2014 目の病気!白内障手術と術後の注意点について解説します! All rights reserved.