目の病気!白内障手術と術後の注意点について解説します!

目の病気!白内障手術と術後の注意点について解説します!




白内障の主な症状と充血


白内障は、初期ではこれといった症状は見られません。

40歳代でも発症することがあります。

症状が進行すると水晶体が濁ることにより、
小さな文字が読みにくいといった視力の低下を認識するようになります。

白内障の人は老眼にもなっているので、
老眼が進行したと思いがちになります。

しかし、水晶体の濁り方はひとりひとり違うため、症状の感じ方は様々です。

一番多く見られる症状としては、
物がかすんだりぼやけたりして見えにくくなったり、
物がだぶって見えるようになったり、
光がまぶしく感じるなどの症状が現れます。

尚、白内障だけでは痛みや充血はありません。

白内障の大半の人が罹る加齢に伴う加齢性白内障では、
水晶体の皮質と呼ばれている外側から核と呼ばれている中心部に向かって、
濁りが進む傾向があります。

濁りが核に及んでなければ視力の低下はあまりなく、
核まで濁りが及ぶ頃になって初めて見えにくさを感じるようになります。

アトピー性の白内障は、20歳前後の若年者に発症することが多く、
両目とも発症することが多いようです。

アトピー性白内障は、水晶体の核の部分から濁りが現れることが多いようです。

そのため、白内障の初期の段階から、
違和感や見えにくいといった症状を訴えることがあります。

水晶体の核から濁り始めると、一時的に近くが見えやすくなることがあり、
その後、目がかすむようになることもあります。

以上のように素人では、白内障かどうかの判断が難しいと考えます。

そこで、40歳を超える頃から、
定期的に眼科で検査を受けることが大事になってきます。





 



TOP

白内障の主な症状と充血

白内障の予防のための対処方法と治療用の目薬の実情と市販目薬の実情

白内障手術の失敗の可能性と訴訟に持ち込めるか

白内障の手術の失敗した場合に再手術は可能か

白内障の片目だけの手術費用はどれぐらい必要か

白内障手術費用の目安と福岡県における医療機関

白内障の手術方法と両目とも日帰り手術を行う場合の費用

白内障の日帰り手術の場合に付き添いは必要か

白内障手術の後遺症としてまぶしいと感じる症状と対応方法

白内障手術におきる後遺症とめまい

白内障手術の後遺症斜視と改善の方法

白内障の手術で入院が必要な場合と付き添いについて

白内障の術後の目薬の重要性と順番

白内障術後の目薬と市販目薬の影響

白内障術後の点眼方法と点眼の順番

白内障術後の点眼はいつまで必要か

白内障術後の視力が安定するまでの期間と留意すべき事項

白内障の手術後に発症する眼内炎の症状とは


 

©2014 目の病気!白内障手術と術後の注意点について解説します! All rights reserved.