目の病気!白内障手術と術後の注意点について解説します!

目の病気!白内障手術と術後の注意点について解説します!




白内障の手術後に発症する眼内炎の症状とは


眼内炎とは、
白内障の手術後、眼の中で細菌が繁殖して化膿した状態をいいます。

眼内炎の症状には、早発性眼内炎と遅発性眼内炎の二種類があります。

早発性眼内炎は、殆ど場合、
白内障手術後3日後から遅くとも2週間以内に発症します。

早発性眼内炎の場合は、
白内障の手術中にメチシリン耐性黄色ブドウ球菌やグラム陽性菌の強毒菌、
グラム陰性菌の強毒菌などの強毒菌が入り込で炎症をおこします。

自覚症状として、視力の極端な低下や漠然とした違和感、
物を見ているときに黒い虫のようなものが動いているように見える
飛蚊症と呼ばれる症状や疼痛を感じることがあります。

早発性眼内炎は、自覚症状として実感しやすい傾向があります。

そこで、この様な症状を自覚した場合は、
一刻も早く処置する必要があるので至急病院にいくことが大切になります。

遅発性眼内炎の場合は、早ければ一か月以内でおきますが、
一般的には数か月後に発症します。

原因は皮膚常在菌でにきびの原因でもある
弱毒の嫌気性グラム陽性桿菌によるものです。

症状的には、眼球の中の前房と呼ばれる中に
炎症性の細胞が湧き出てくることにより、
物がかすみがかかったように見えたりします。

また、角膜を通して茶色にみえる部分で
瞳孔の大きさを調整する虹彩や水晶体を伸縮させて
ピントを合わせるための毛様体から角膜と水晶体房間を満たしている
房水中に漏れ出た炎症細胞が角膜後面の内皮に付着することによって
視力の低下が生じることがあります。





 



TOP

白内障の主な症状と充血

白内障の予防のための対処方法と治療用の目薬の実情と市販目薬の実情

白内障手術の失敗の可能性と訴訟に持ち込めるか

白内障の手術の失敗した場合に再手術は可能か

白内障の片目だけの手術費用はどれぐらい必要か

白内障手術費用の目安と福岡県における医療機関

白内障の手術方法と両目とも日帰り手術を行う場合の費用

白内障の日帰り手術の場合に付き添いは必要か

白内障手術の後遺症としてまぶしいと感じる症状と対応方法

白内障手術におきる後遺症とめまい

白内障手術の後遺症斜視と改善の方法

白内障の手術で入院が必要な場合と付き添いについて

白内障の術後の目薬の重要性と順番

白内障術後の目薬と市販目薬の影響

白内障術後の点眼方法と点眼の順番

白内障術後の点眼はいつまで必要か

白内障術後の視力が安定するまでの期間と留意すべき事項

白内障の手術後に発症する眼内炎の症状とは


 

©2014 目の病気!白内障手術と術後の注意点について解説します! All rights reserved.