目の病気!白内障手術と術後の注意点について解説します!

目の病気!白内障手術と術後の注意点について解説します!




白内障術後の目薬と市販目薬の影響


白内障の手術後には、眼に目薬を差す必要があります。

目薬は基本的に医者の処方された目薬を毎日数回使用することになります。

使用期間は、
視力が安定するころまでの約3~4か月ぐらい使用することになります。

手術後にさす目薬には、3種類あり、
クラビット目薬、ジクロード目薬、リンデロンA液目薬です。

これらの3種の目薬は、
白内障の手術した眼のばい菌の殺菌や感染の拡大を防いだり、
眼の炎症をしずめたり、和らげたりするために使用します。

以上の目薬は治療のために使用しますが、
それぞれの目薬には、副作用があります。

副作用が出た場合には、すぐに医者に相談し、指示を仰ぐ必要があります。

まず、クラビット目薬の主な副作用は、
眼刺激感、目のかゆみ、角膜障害(眼痛、見えにくい、目の異物感)、
眼瞼炎(まぶたのただれ)などがあるようです。

次にリンデロンA液目薬の主な副作用は、
緑内障(0.1%未満)、角膜ヘルペス,角膜真菌症,
緑膿菌感染症の誘発(頻度不明)、 穿孔(頻度不明)、
後嚢白内障(0.1%未満)などがあるようです。

最後にリンデロンA液目薬の主な副作用は、
緑内障、角膜穿孔、角膜ヘルペス、角膜真菌症、
緑膿菌感染症などがあるようです。

一方、白内障の手術後に使用可能な市販の目薬はないようです。

ただし、この期間に市販の花粉症やドライアイなどの
白内障の手術後に関係しない目薬を使用する場合は、
必ず、医者に問題がないかどうかの確認をとってから使用することが必要です。





 



TOP

白内障の主な症状と充血

白内障の予防のための対処方法と治療用の目薬の実情と市販目薬の実情

白内障手術の失敗の可能性と訴訟に持ち込めるか

白内障の手術の失敗した場合に再手術は可能か

白内障の片目だけの手術費用はどれぐらい必要か

白内障手術費用の目安と福岡県における医療機関

白内障の手術方法と両目とも日帰り手術を行う場合の費用

白内障の日帰り手術の場合に付き添いは必要か

白内障手術の後遺症としてまぶしいと感じる症状と対応方法

白内障手術におきる後遺症とめまい

白内障手術の後遺症斜視と改善の方法

白内障の手術で入院が必要な場合と付き添いについて

白内障の術後の目薬の重要性と順番

白内障術後の目薬と市販目薬の影響

白内障術後の点眼方法と点眼の順番

白内障術後の点眼はいつまで必要か

白内障術後の視力が安定するまでの期間と留意すべき事項

白内障の手術後に発症する眼内炎の症状とは


 

©2014 目の病気!白内障手術と術後の注意点について解説します! All rights reserved.